犬用フロントラインについて

犬用フロントラインについて

犬用フロントラインについて

みなさんは愛犬のノミやダニ対策はどんな方法で行っていますか?
我が家ではフロントラインプラスの犬用を愛用しています。

 

フロントラインプラスは犬用の他にも猫用があって、含まれている成分は同じようですが、やっぱり犬には犬用に販売されているものを投与する方がいいかな?と思います。
余談ですが、特に猫には犬用のフロントラインプラスはあまりおすすめできないようです。
何でも、猫は犬よりも皮脂が少ないため、猫用のフロントラインプラス皮脂が少ない猫の皮膚に十分に広がるように開発されているとか。
同じ成分でも犬用・猫用にわざわざ分けられているのには、きちんと理由があるのですね。

 

犬を飼っているご家庭では既にご存知だと思いますが、フロントラインプラスはノミやマダニを退治してくれるだけでなく、卵が孵化したり幼虫の発育を抑制してくれたりします。
犬に付いたノミやダニのライフサイクル自体を取り除いてくれ、投与後は一ヶ月ほど効果が持続するので、飼い主さんも愛犬のノミやダニ退治に時間を取られることなく、安心して愛犬の健康を維持してあげることができますよね。

 

フロントラインプラスは一箱に6本入っていて、一回で一本使い切りになります。
犬の大きさ別にフロントラインプラスの一本分の内容量が変わってきますので、愛犬の大きさ(体重)を目安に選んで投与してあげるといいでしょう。
(10kg未満の小型犬、10〜20kg未満の中型犬用、20〜40kg未満の大型犬用、40〜60kgの超大型犬用があります。)

 

また、フロントラインプラスは通常、動物病院で獣医さんに診察をしてもらって処方してもらうお薬なのですが個人輸入で購入すると、全く同じ成分のお薬がかなり安く購入できるようです。
毎月一回の投与でも継続して行う必要があるので、少しでもお薬にかける費用を抑えたいと思ている人は利用しているみたいですね。
ただ、愛犬に健康上の問題がある場合などはあまりおすすめできませんので、飼い主さんが責任を持って体調管理をしてあげる必要もあります。
全く同じ成分のフロントラインプラスでも個人輸入には抵抗があるという場合は、かかりつけの動物病院で購入することをおすすめします。

ホーム RSS購読 サイトマップ