フロントラインの投与の方法は?

フロントラインの投与の方法は?

フロントラインの投与の方法は?

ダニは皮膚に寄生すると強いかゆみや皮膚炎などを起こすことで知られていますが、最近では命に係わるケースも見られるので以前よりとても危険で怖いイメージがありますよね。

 

お家で犬や猫などのペットを飼っていると言う場合、ダニ対策は特に神経質になるのではないでしょうか?

 

犬や猫といったペットにはダニが寄生しやすいため、飼い主や家族にも被害がでてしまう可能性があります。

 

万が一マダニによる新型感染症「重症熱性血小板減少症候群」なんかに感染してしまったら大変ですよね。
そんな事態にならないためにも、お家で犬や猫などのペットを飼っている場合、ダニ対策を普段からしておく必要があるのです。

 

フロントラインとダニ対策

犬や猫などのペットに寄生するダニ対策には色んな方法があります。
一昔前はダニを見つけるたびに手でつぶしている飼い主も多かったのですが、そうすることで人への感染症なども心配となってきます。
ペットや飼い主にも安心なダニ対策としておすすめなのが、ダニ駆除のお薬を投与する対策法です。

 

ダニ駆除のお薬には色んな種類があって、お店で手軽に購入できる市販のものもありますが、効き目にはムラが出る場合もあるようです。
実際に使ってみた人に聞いてみると、動物病院で獣医師さんの診察を受けてから処方してもらえるフロントラインがおすすめだということでした。
ダニなどによる感染症を防ぐには、皮膚などに付着してから48時間以内の駆除が効果的だと言われています。

 

フロントラインは投与してから24〜48時間以内にダニやダニの卵、幼虫なども駆除してくれるので、即効性があって投与も簡単にできるとのことでした。
投与後に2〜3日間はシャンプーを控えなくてはいけませんが、その後はシャンプーをしても約1カ月ほど効果が持続するそうなので、小まめにダニを手でつぶすよりもずっと安全で安心して使えそうですよね。

 

ダニ駆除のお薬フロントラインはいくつかのタイプがあるようですが、中でも一番使いやすいと人気なのがスポットオンタイプの、一回使い切りタイプです。
使い方も簡単で、犬や猫の後ろの首筋に垂らすだけなので、飼い主さんの手が汚れる心配もないようです。
上手な投与の仕方としては、犬や猫の毛を良くかき分けて皮膚がよく見える状態にし、フロントラインの成分が皮脂腺から出る皮脂と一緒に全身まんべんなく行く渡るようにするのがポイントです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ